園主のブログ

うさぎの目

ラビットアイ2

熟す前の実は、ウサギの目のように真っ赤になりますだからラビットアイ

例年より少し早く、北部、南部ハイブッシュは終了しましたが、ラビットアイはこれからですこちらもお楽しみに
スポンサーサイト
  1. 2013/08/19(月) 22:57:15|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のお手入れ③

毎年ではありませんが、2、3年にチップを入れます。まるでお布団のように、こんもりあったかそうです


チップ後



チップは木を粉々にしたものですが、英農園で使うチップは一味違います

防腐剤やコールタールなどが付着している木くずは一切使っておりません

落葉樹の生木を使っております

チップを入れることにより、水はけをよくし、根腐れを防止します
また雑草予防にもなりますね

1本1本丁寧にお布団を敷いています

こちらは籾殻です

まるで、ふかふかのお布団を敷いているようです


チップ1



チップ2



  1. 2013/04/21(日) 23:25:11|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるで床屋さん?!

剪定4
まだまださむーい時期にやっておかなくてはいけないお手入れ

それは、剪定です

剪定の目的は

ブルーべりーの木々が、陽の光をたくさん浴びる事が出来るように

剪定2
20センチ以上の枝を残し、それ以下の枝は切ってしまいます(写真は8月、9月に実のなるブルーベリーのラビットアイという品種)

長い枝は葉をたくさんつけます

それらの葉っぱがしっかり光合成をしてくれれば、実に栄養分がたっぷりと行き渡ります

今年もおいしい実が出来ますように




  1. 2013/04/20(土) 23:43:11|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のお手入れ ②

剪定の他にもう一つ大切な事

それは、水をあげる事

乾燥は女性にとっても、ブルーベリーにとっても、大敵なのです

水やり




英農園ではスプリンクラーは使っておりません

手間はかかりますが、ブルーベリーの木、一本一本に愛情を込めて水をたっぷりあげております

今年もおいしいブルーベリーがなりますように

水やり②





  1. 2013/04/01(月) 17:58:43|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のお手入れ

この時期にやっておかなくてはいけないこと


それは、枝の剪定です


1200 本植えてある木、一本一本を丁寧に剪定します


骨は折れますが、木の状態をしっかりと把握できるので安心です





  1. 2013/03/29(金) 00:33:01|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0